お墓所有

工夫することで得られるメリット

日本ではお盆やお彼岸にお墓参りに行く風習が古くからありますが、墓地は交通の便の悪い郊外にあることも少なくありません。そのため、引っ越しをして違う土地に住むことになったり、高齢などの理由でお墓参りに行く回数が減ってしまう人もいます。 お墓は所有者自身で管理しなければならず、お墓参りの際にお墓掃除をする人が多いですが、行く回数が減ると当然お墓掃除が出来なくなってしまいます。 そのような場合は、お墓掃除の代行業者に依頼すると所有者に変わってお墓掃除をしてくれるので便利です。お墓は郊外に建てられているので、定期的に掃除をしないと雑草などが生えて来てしまいます。現在では代行業者も多くあるので、定期的に依頼することできれいな状態を保つことができます。

現在の取り組みやトレンド

最近では少子化や高齢化、核家族化が進み、管理をする人がいなくなってしまったお墓が増加していたり、この先管理する人がいなくなるので墓じまいをする人も増加していると言われています。 そのため、近年では運営主体が管理をしてくれる納骨堂や永代供養墓などの需要が増えていたり、供養場所を設けず散骨をする人なども増加しています。 特に納骨堂の場合は、駅の近くで交通の便の良い場所に建てられていることも多いため、高齢者であっても天候に左右されることなくお参りに行きやすいということで需要が高まっていて、お墓から納骨堂に遺骨を移す人も増えています。 また、最近では終活が流行していることもあり、納骨堂や永代供養墓を生前予約する人も増えてきています。