funeral

サービスの利用

遺品整理業者では遺品整理サービスをしていますが、インターネットを利用することで遺品整理業者を見付けることができます。身内が無くなっても家庭や仕事で忙しいとなかなか整理できませんが、専門業者なら早く対応してくれます。

詳細を見る

お墓所有

仕事や年齢などの理由があることから毎年のお墓参りの回数が減ってしまうこともあります。そうなると満足にお墓掃除ができなくなってしまうため、その時は代行業者に依頼することで代わりに掃除をしてくれます。

詳細を見る

片付けを行なう

遺品整理は遺族が行わなければなりませんが、他の手続きがあることからなかなかその作業に移ることができなくなります。専門業者に依頼をすれば隅々まで綺麗に片付けてくれるので安心できます。

詳細を見る

遺骨を散骨

火葬したときには遺骨が残ってしまいますが、人によってはお墓に入れるのではなく散骨を希望する人もいます。散骨をするときには専門業者と相談をして、それからその人に合ったプランを決めていきます。

詳細を見る

遺骨を納める

昔は一時的な保管をするために納骨堂が利用されていましたが、現在は永代供養の一つとして利用されています。インターネットの口コミや評判サイトなどから人気の納骨堂探しをすることができます。

詳細を見る

クリーニング依頼

名前や年数の入った部分も一つ一つ丁寧に掃除出来る

墓石クリーニングでお墓を綺麗にしてもらう際には、名前や年数が入っている文字の中もキレイにしてもらえます。業者によってもやり方は異なりますが、お墓をなるべく傷付けない専用の洗剤を使って作業をします。この作業が非常に繊細で、文字の一つ一つにしっかり中まで浸透させるべく、洗剤を塗って行くのです。優しく中まで浸透させる事で、汚れの奥からしっかりと除去してくれます。しばらく置いて浸透したらかなり汚れが取れやすくなっているので、そこから洗浄機を用いて水圧で少しずつ墓石クリーニングして行きます。スポンジ等では到底出来ないような確かな方法で、確実に汚れを落としてくれます。家族の力では少し難しいと感じた場合には、専門の技術を用いた人を呼んで下さい。

墓石の素材や文字の塗り方で掃除方法を変えている

墓石に使われている素材や彫刻で掘られた中の塗料は、違う素材から出来ているケースも珍しくありません。それは地域によっても違いますし、墓石を建立した業者が違えばもちろん色々な種類を使っている事がよくあります。そのため、掃除のやり方もその種類に応じて変える必要があるのです。墓石クリーニングでは、とにかくその墓石にダメージを与えない事がモットーとされています。傷つける原因となってしまう成分が入った洗剤を使っていないか確かめたり、色落ちがしやすい確実な除去方法を選ぶ事になります。文字の部分が金色で塗られている場合もあり、これは特に美しさを保つために注意がはらわれています。文字についてはそのまま塗り替えてもらう事も可能なので、墓石クリーニングの際にはオプションサービスとして追加するのも良いでしょう。